最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【洋楽】 WEEZERのRIVERS CUOMOがデモ音源をコンパイルしたソロ作品を12月にリリース
http://www.myspace.com/1480919

ウィーザーのフロントマン、リヴァース・クオモがキャリア初となるソロ作品『Alone - The Home Recordings Of Rivers Cuomo』をで12月11日にリリースすることが明らかに。今回発表されるのは 1992年から2007年の間に録音したデモ音源のなかからフェイヴァリット・トラックを精選してコンパイルしたものだとか。お気に入りだけでなく聴きたいところ。

Written by Grecoviche at 2007-10-17 09:27:04
【洋楽】 Portishead レディオヘッドに物申す!
http://www.vibe-net.com/news/?news=0032454

購入者に価格を決めさせるというスタイルでニュー・アルバムのダウンロード配信を行ない、結果的に大成功を収めているレディオヘッド。そのやり方に、ポーティスヘッドのジェフ・バーロウが自身のブログで噛みついた。「それって音楽がタダってこと?おいおい、上等じゃねえか。てことはつまり、もし俺たちのアルバムが無料か、ほんのシケた金で買われるんなら、俺はタダでボイラーを直してもらえるってことか。そんでもって配管工にはこう言えってか。これもすべて共有愛のため、そして(イタリアの一大企業連合)ザヌッシの横領した悪の金と闘うためなんですってさ。ヤツなら俺が何を言わんとするか、わかるはずだぜ。俺はなにも、レディオヘッドを非難するつもりはねえよ。実際、彼らはすごくうまいことやってる。それも賢くね。ともかく、時がくればすべてがハッキリするってもんさ」。噛み付く前に新作を出して欲しいところなんですが・・・

Written by Grecoviche at 2007-10-17 09:26:49
【洋楽】 レッド・ツェッペリンの楽曲、オンライン配信へ
http://cnn.co.jp/showbiz/CNN200710160005.html

ビートルズと並び、楽曲がオンラインで有料配信されていない大物バンドレッド・ツェッペリンの楽曲が来月から、オンラインで有料配信されることが決定。来月13日に予定されている2枚組ベストアルバム「マザーシップ」のリリースと同時に、「コミュニケイション・ブレイクダウン」「胸いっぱいの愛を」「天国への階段」といった代表曲の配信が開始されることをジミー・ペイジは発表したもの。再結成に向けて着々と準備を整えているようです。

Written by Grecoviche at 2007-10-17 09:26:30
【洋楽】 Red Hot Chili Peppers レッチリ、お気に入りのバンドを子供の名に
http://www.barks.jp/news/?id=1000034895

今月2日に初めての子供が誕生したレッド・ホット・チリ・ペッパーズのアンソニー・キーディス。赤ちゃんの名前にお気に入りのバンド、エヴァリー・ブラザーズから
エヴァリー・ベアと名づけたとか。ミドル・ネームの「ベア」については「ママがベアって名を考え付いたんだ。ピッタリだって思ったね。だって俺は、自分のことクマの仲間だと思ってるからさ。それに名前の一部にちょっと野生っぽいのが入るのはいいだろ」と本人談。日本でも昔は熊五郎とかいたもんね。なくもないか。

Written by Grecoviche at 2007-10-16 09:03:33
【洋楽】 Radiohead アルバム・セールスがすでに120万枚を突破!?
http://www.vibe-net.com/news/?news=0032416

バンド側は、依然として売上枚数に関しては固く口を閉ざしたままだが、レディオヘッドに近しい関係者がアルバム発売日の夜に明かしたところによると、バンドはこの時点で120万枚という記録的な売上枚数を叩き出していたという。十分な告知をされていなかったにも関わらずこの売上はかなりなもの。また今週ギタリストのジョニー・グリーンウッドが、RollingStone.comの取材に応え、新作をネット販売したことについて、「理由の一部は早く外に出すため。みんなが同時に聴くことができるようにね。一方で、試す価値のある実験だったからさ」と談。また、もう1つ話題となっているのはその価格については「人々に一瞬止まって、音楽の価値を考えてもらうことは楽しいよ」と語ってます。

Written by Grecoviche at 2007-10-15 09:06:38
【洋楽】 Radiohead 新作のリリースを語る
http://www.barks.jp/news/?id=1000034808

10/10朝10時(GMT)より、ニュー・アルバム『In Rainbow』のダウンロード配信を開始したレディオヘッド。トム・ヨークが、初めて新作のリリースについて談。「『In Rainbows』のダウンロードを楽しんでくれてることを願ってる。ようやくリリースできてホッとしてる。クレイジーな2週間だった・・・ご想像通り・・・。」またジョニーは「早くリリースしたいと思っただけだ。まあ実験的でもあるけどね。単に自分たちのためにやったまでだ。業界に反抗したものだとか、ものごとを変えようとしてるとか大騒ぎされてるけど、僕らにそんなつもりは全くなかった。これまでやってきたことに飽きたっていうほうが近いよ」と談。残念ながらダウンロード数はオフィシャルUKチャート・カンパニーにも報告されないようで売上がまったく分かりません。パッケージ版は、ダウンロード配信から遅れること約2ヵ月後の12/3(月)に特典CDや歌詞カードなどのついた“ディスクボックス” として40ポンド(約9600円)でリリースされる。

Written by Grecoviche at 2007-10-12 09:13:07
【洋楽】 Rage Against The Machine 来日公演の詳細が決定!
http://www.smash-jpn.com/band/2008/02_ratm/index.php

今年コーチェラ・フェスにて再結成したばかりで早くも約8年ぶりとなる来日公演を行なうことが決まったレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン。詳細がいよいよ発表。日程は、2/7(木)大阪城ホール、2/9(土)・10(日)幕張メッセ国際展示場の全3公演。売り切れ必至!お問い合わせはSMASH(tel:03-3444-6751)まで。

Written by Grecoviche at 2007-10-12 09:12:54
【洋楽】 MADONNA ワーナーから140億円で移籍か
http://cnn.co.jp/showbiz/CNN200710110037.html

マドンナが、長年契約していたワーナー・ミュージック・グループを離れ、総額1億2000万ドル(約140億円)で、米プロモーション会社ライブ・ネーションへ移籍する可能性が出てきた。ライブ・ネーションとの契約は10年間で、契約時に約1800万ドルのボーナスが支払われるほか、今後リリースされるアルバム3枚について、1枚につきおよそ1700万ドルとなっているという。また、この契約でライブ・ネーション側は、マドンナの名前に対するライセンスや、ツアーのプロモート権を得る見込みだとか。CD売上が落ち込んでいる現在、ツアーのプロモート権は大きいかと。ただ49→59歳の10年間となると大規模なツアーがどれだけできるか?

Written by Grecoviche at 2007-10-12 09:12:38
【レコメンド】 フランス音楽を代表する現在の3女性 [購入はこちら]

今回のリリース3作品(女性)に関しては、自作自演で、本人のライフスタイルを音楽を介して表現。ヌーヴェル・セーヌ(Nouvelle Scene)と呼ばれる現代を代表するフランス音楽ムーヴメントの代表3人。生のフランス文化を楽しめます。
いわゆる、アイドル的な作られた音楽とは異なります。(シルヴィー・ヴァルタンやフランス・ギャルとは対照的)けれど、結局、男性をとりことしてしまう、女性上位の作品となっています。


ヴァレリー・ルリオ / キャルデラ (Valerie Leulliot / Caldeira) 8/22 発売
日本人のイメージするフレンチタッチ・ポップスの先駆者ヴァレリーの初ソロアルバム。じわじわと聞く人を惹きつけるサウンドはロングヒット確実である。店内放送でかければ、お店のイメージアップ。素敵な空間プロデュースに最適のアルバム。
「90年代の日本で、渋谷をはじめ全国で大ブレイクしたフランスのインディー・バンド、Autour De Lucieの女性ヴォーカリスト、ヴァレリー・ルリオ (J-WAVE 8/28放送より)」と紹介されたようにフランス音楽というより「ネオ・アコースティック」の代表アーティストとして人気を得てきた女性。この初のソロアルバムでは大半を自作自演。「じわじわと聞く人を惹きつけるサウンドは、都会の喧噪にいてもリラックス効果をもたらし、ここちよい眠りを誘います。(ウーマンエキサイト評)」「静かにゆっくりと情熱をたぎらす、カルデラのような神秘的なサウンドに癒されてみませんか?(ウーマンエキサイト評)」フランスにおいてもパリの中央のCD店でより展開をするように、日本においても都市中心型の、流行先進的作品ではあるものの、内容は万人の聞いてリラックスするもの。とりわけ、M5「レ・ファレーズ〜絶壁〜」は聞けば聞くほど、惹き込まれる絶品といえます。

◆プロフィール
現在のフレンチ・タッチ・ポップスのパイオニアといわれているグループ“ Autour de Lucie” (オトゥール・ドゥ・リュシー) のヴォーカリストとして1994年から2004年に4枚のアルバムを発売。国内においては渋谷を始め、ピチカート・ファイヴと並ぶ「おしゃれ系」のアーティストとしてブレイクした。2007年2月 初のソロアルバムをフランスで発売。総合アルバムチャートでも上位にランクされロングヒットとなっている。

コンスタンス・アミオ / フェアリーテイル (Constance Amiot / Fairytale) 9/12 発売
アメリカでデビュー作を1000万枚を売ったJEWELをご存知だろうか?アコースティック・ギターとちょっと、つたないヴォーカルの魅力。まさにコンスタンス・アミオは、JEWELの再来。フランス人の家族、アフリカ生まれ、アメリカ育ち・・・いろいろな文化を集約した彼女の独自の世界を表現したメジャーデビュー作。彼女のヴォーカル、ギターで聞かせるフレンチ・テイストの爽やかさ。また、アフリカのルワンダ出身の男性歌手BENIWE との共演では、ワールドミュージックらしく、
フランス語、英語、スワヒリ語の歌詞の共演。
キャッチコピー 「フランス・アメリカ、アフリカ..... 真にワールドワイドな環境で育ったフランス女性「コンスタンス・アミオ」デビュー作ゆっくりと流れる心地よいメロディと韻を多様に散りばめた高尚な歌詞は全ての文化人の知的好奇心を誘う」今回紹介する3アーティストでは、最もキャリアのない全くの新人。しかし、判事になるつもりであったという位、真のしっかりとしている自立した女性。フランスでは総合アルバム1位を何作も送り込む人気レーベル「ト・ウ・タール」から本年イチオシの作品。とりわけ、M7「ロンヴォル〜巣立ち〜」では、アフリカの男性歌手ベニウィと共演。フランス語、英語、スワヒリ語の登場。これぞ、ワールドポップス。

◆プロフィール
28歳。フランス人の家族に生まれ、幼少はアフリカのカメルーンで育ち、6歳よりアメリカへ移住。学生時代はカレッジロックバンドでピアノを担当。アコースティックギターで、ソロとして演奏活動を始めジョニー・ミッチェルやトレイシー・チャップマンのスタイルとなる。22歳になるとフランスへ移住。2003年自主制作で発売したCDをきっかけに、今回のメジャーデビューとなった。フランスを始めとするヨーロッパだけでなく、アメリカでも発売。ヨーロッパ盤と、アメリカ盤とは、曲順や収録内容を変えている。日本盤はヨーロッパ盤の全曲と、ボーナストラックとして、アメリカ盤に収録されている曲を追加。

オリヴィア・ルイーズ / ショコラ (Olivia Ruiz / La femme chocolat) 10/17 発売
全ヨーロッパで100万枚を超すヒット!!
自立する女性の応援歌。フランスで今年三月にアルバム・チャート1位を記録した、今、最も人気のある女性歌手。父、ディディエ・ブランがミュージシャンであるなど音楽的環境に恵まれて育ち、人気オーディション番組からレコード・レーベルへ移籍するチャンスに恵まれた。ヨーロッパ音楽界の重鎮アダモをはじめ、様々なミュージシャンとのコラボレートに挑戦し経験と音楽世界を広げている。
「ヴィクトワール賞(フランスのグラミー賞)2006年最優秀アルバム 及び 本年度 最優秀女性&最優秀ライブ歌手 を受賞」「ル・モンド・ドゥ・ラ・ムジク(フランス一権威ある音楽雑誌)のCHOC(最高)を獲得。ポピュラーでは快挙」本作、ヨーロッパ100万枚突破。フランスだけでなく、スペイン、ドイツほか多くの国でゴールドディスク。2006 年 フランス総合アルバム5位、MTVヨーロッパ(フランス)最優秀女性ノミネート。本年(2007)、現在(9月)、シングル2曲チャートインのロングヒット。本作ではフランス語の楽曲だけでなく、彼女のルーツであるスペイン語の曲、英語の曲も収録。アルバムのインナージャケットは、彼女の家族の写真でいっぱい。スターを意識していない温かい女性。日本好きでもある。

◆プロフィール
ユネスコ世界遺産を有する、南仏ラングドック=ルシオンのカルカソンヌに1980年の元日、生まれる。一族の多くは音楽好きのスペインに出自をもっていて、父ディディエもミュージシャンであったため、幼少の頃から音楽的環境に囲まれていたという。その後、マルセイユで育ったが、このとき家族で営んでいたカフェの想い出がこの二枚目のアルバムで歌われている。2001年、TVオーデション番組『スターアカデミー』の第一期生となる。この好機をもってレコード・レーベルと契約し、これまでのイメージを払拭する。一作目のアルバムで音楽コンクール「ヴィクトワール・ドゥ・ミュージック」(フランスのグラミー賞)に選出され、2006年に最優秀アルバム、2007年には最優秀女性、最優秀ライヴアーティストを獲得。(ショコラは最優秀楽曲にもノミネート)また、ヨーロッパ音楽界の重鎮アダモをはじめとして、さまざまアーティストとのコラボレートに挑戦し、音楽世界を広げている。フランスだけに留まらず、ドイツ、スペインほか全ヨーロッパ、南米アルゼンチンでもゴールドディスクを獲得している。

Written by きよし at 2007-10-11 09:15:24
【邦楽】 スチャダラパー、SLY MONGOOSEらによるバンド、THE HELLO WORKSがファースト・アルバム『PAYDAY』をリリース
http://www.lilyfranky.com/thw/

スチャダラパー、SLY MONGOOSE、ロボ宙の3組によって結成。今夏は各地のフェスで話題となった10人組バンド、THE HELLO WORKSが待望のファースト・アルバムを12月5日にリリースすることが決定。タイトルは『PAYDAY』。初回盤には、福岡にて行われた〈SunSetLive2007〉でのライブの模様とプロモ・クリップが収録されたDVDがつくとか。最先端の音楽を求める人は是非チェック!

Written by Grecoviche at 2007-10-10 09:48:21
43 件中 21 - 30 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [21437872]