最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【邦楽】 永積タカシ、原田郁子、オオヤユウスケのグループ、ohanaがファースト・シングル発表
http://www.kimochiwaburenai.com/top.htm

永積タカシ(ハナレグミ)、原田郁子(クラムボン)、オオヤユウスケ(Polaris)の3人からなるグループ、ohanaがファースト・シングル「予感」を2006年2月8日にリリース。待てない方やまだohanaを知らない人は公式サイトので公開中のファースト・ライブ@朝霧JAMを是非!

Written by Grecoviche at 2005-12-14 13:24:26
【洋楽】 マッカートニー、レノンの死について語る
http://www.barks.jp/news/?id=1000015942

ポール・マッカートニーがジョン・レノンの死についてBBCラジオ2で談。「まず最初は、あまりにも悲惨な最後だったって考えが頭に浮かぶ。それから“ああ、それは僕の友人に起きたことなんだ”って思うんだ。でも、それをくよくよ考え込むことはないよ。すぐに彼と過ごした素晴らしい時間を思い出し、僕は何てラッキーだったんだって考え始めるんだ。ティーンエイジャーのとき知り合って、いっぱい一緒に時間を過ごすことができた。みんな“彼はこうだった、ああだった”って勝手なこと言ってるけど、僕は彼を“知ってるんだ”って言いたいよ。彼と寝てたこともあるんだからね。ヒッチハイクの旅をしたとき、ベッドが1つしかなくてさ。誰でも分かってると思うけど、彼は偉大な人物だった。ほんとに素晴らしい奴だったよ。人間として、活動家として、彼は20世紀が生んだ偉大な人物の1人だよ。子供のときから、そして事実上彼が亡くなるまで親しくできたってことを誇りに思ってるよ」。ファブフォーの言葉は100の証言よりよりも重し。

Written by Grecoviche at 2005-12-13 09:52:50
【邦楽】 山下達郎がオリコンシングルチャート20年連続でトップ100入り
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051213-00000039-sanspo-ent

山達の「クリスマス・イブ」が、オリコンシングルチャートで95位を記録し、20年連続でトップ100入り。通算では21年となり、同一楽曲によるトップ100入り連続年数では、2位の「ラスト・クリスマス」(ワム!)の10年連続を大きく引き離しているとか。21年トップ100入りも凄いけど、上位2曲がクリスマス・ソングという日本人の柔軟さに驚き。「クリスマス・イブ」は山達が売れたいと思ってオフコースを意識して作った曲。もはやオフコース越えてます。

Written by Grecoviche at 2005-12-13 09:52:30
【デジタル】 Napster、ドイツでも音楽配信サービス開始
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2005/12/12/10188.html

Napsterが、ドイツでも音楽配信サービスを開始。月額制の定額料金で150万曲以上が聴き放題になるメニューなどを用意。

Written by Grecoviche at 2005-12-13 09:51:53
【洋楽】 ジョン・レノンが亡くなった日、彼らは・・・
http://www.barks.jp/news/?id=1000015883

Daily Mirror紙でポールらがジョン・レノンが亡くなった日、何をしどのような思いで過ごしたかを談。マドンナが現場近くにいた話にはビックリです。

ポール・マッカートニー(当時38歳)
「台風でフロリダのキー・ウエストから動けない状態だったんだ。寝れなかった。みんなで飲みながら話し込んでたよ。そして最後には泣いてた。散々泣いた後、あんなことした奴はろくでなしの中でも1番のろくでなしだって考えが、ずっと頭の中をぐるぐる回ってた。僕にとっては特にショックだったよ。いまでも、彼がいなくて寂しくて仕方ない。最悪な日だった」

マドンナ(当時22歳)
「ニューヨークに移り住んだばかりだったわ。現場から数ブロック離れたところを歩いてたら、サイレンが聞こえて人だかりができてるのを見たの。そこまで行って“どうしたの、なにがあったの?”って聞いたわ。そしたら“ジョン・レノンが撃たれた”って。怖かった」

ブルース・スプリングスティーン(当時31歳)
「フィラデルフィアにいたんだ。ギグがあってね。プレイするのは、本当に大変だったよ。いまでも困惑してる。彼は素晴らしいミュージシャンだった。いろんな面で最先端だったよ。勇気があってユーモアに富んでた。偉大な人だったよ。彼がこの世にいないことに、俺はいまでも頭にきてる」

ライオネル・リッチー(当時31歳)
「ツアーの最中だった。ステージを降りたら、誰かが“ジョン・レノンが撃たれた”って言いに来た。それが“撃たれて怪我した”って意味じゃないことがわかったよ。“亡くなったんだ”ってことがね。ダイアナ妃のときと同じだよ。すぐに“終わり”だってことがわかったよ」

Written by Grecoviche at 2005-12-10 12:38:34
【洋楽】 ニューヨーク、リバプール各地でレノン追悼 没後25年
http://cnn.co.jp/showbiz/CNN200512090030.html

ジョン・レノン没後25周年にあたる8日、英リバプールと米ニューヨークの2都市を中心に、世界各国から多くのファンが集まり、故人をしのんだ。セントラルパークにあるストロベリー・フィールズ前には、ファンのほか妻のオノ・ヨーコさんも姿を見せ、花束やキャンドルなどが添えられた。またこの日、ロンドン市内にあるスタジオ「アビー・ロード」では、BBC2主催のスペシャル・コンサート「Lennon Night」が開催され、ポール・ウェラー、バッドリー・ドローン・ボーイ、シュガーベイブス、ジェイミー・カラムらがジョンを偲ぶために集結。ザ・ビートルズのヒット曲の大半がレコーディングされた「Studio 2」にて、ゆかりのアーティストたちがジョンの曲をカヴァー。U2も12/7の公演でザ・ビートルズの名曲「Norwegian Wood」をカヴァーし、ジョン・レノンに追悼を捧げたとか。

Written by Grecoviche at 2005-12-10 12:38:19
【洋楽】 Alicia Keys U2のボーノとデュエット!
http://www.keepachildalive.org/

アリシア・キーズが、12/1のWorld AIDS DAYにちなんでチャリティー企画をスタート。U2のボーノによるデュエット曲「ドント・ギヴ・アップ(アフリカ)」をiTunesで配信し、その収益全額をアリシアが運営する非営利団体“キープ・ア・チャイルド・アライヴ”を通じてAIDSに苦しむ子供や家族の救済に使われるとか。残念ながら、日本は現在対象地域に含まれていない。

Written by Grecoviche at 2005-12-10 12:38:02
【邦楽】 すかんち、2都市限定の再結成ライブが決定
http://www.rollynet.com/

すかんちが、ROLLY、SHIMA-CHANG、小畑ポンプ、Dr田中 & 小川文明という黄金の布陣で再結成ライブを行うことが決定。日程は2006年3月10日 (金) 大阪BIG CAT、3月17日 (金)渋谷SHIBUYA-AXの2公演のみ。新曲を盛り込んだミニアルバムも制作するということでグラムロック再燃するか?

Written by Grecoviche at 2005-12-10 12:37:25
【洋楽】 エミネム、元妻とよりを戻す 再婚も計画と
http://cnn.co.jp/showbiz/CNN200512070022.html

エミネムが、デトロイトのラジオ局に出演し、元妻のキンバリー・マザーズとよりを戻したことを明らかに。再婚する予定とか。また引退のうわさを否定しながらも、活動休止をほのめかす発言もしたとか。復縁も心境の変化の一端なのでしょうか?

Written by Grecoviche at 2005-12-07 21:54:20
62 件中 31 - 40 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [22662593]